ログイン・ログアウト     会員登録



鞄に化粧ポーチと一緒に入れても安心! 汚れにくい財布の選び方

投稿日:2016年10月08日
鞄に化粧ポーチと一緒に入れても安心!  汚れにくい財布の選び方

革製品の中でも使う機会が多いお財布。会計の際は人前に出すことになるので、日頃からきれいにしておきたいものです。
しかし自分では汚しているつもりがなくても、鞄の中で携帯電話などほかのものと擦れることで、汚れが付着してしまうことも。携帯電話、ポーチなど多くのアイテムを鞄に入れる女性は、特に注意する必要があります。そこで今回は、汚れにくい財布の選び方やお手入れ方法などをご紹介します。

汚れにくい財布の素材

革素材はビニールなどと違い、汚れが付着しやすい特徴をもっています。これは、天然素材ゆえに避けられないことですが、同じ革でも表面の仕上げ方によって、汚れが目立たない、汚れがつきにくいものがあります。

エナメルと呼ばれる樹脂を塗布し、表面に艶が出る加工をした財布や、型押しされて模様がついている財布は汚れがつきにくい素材として人気があります。しかしこれらの加工がされた財布は汚れが付きにくい反面、一度傷がついてしまうと目立ちやすいデメリットもあるので注意しましょう。

財布をきれいに保つために! 日々のお手入れ方法

革の表面に付いた汚れであれば、拭き取ったりしてある程度落とすことができますが、汚れが革の内部に浸透してしまうと、簡単に落とせなくなります。そうなる前に日頃からお手入れをしてあげることが重要です。

まず、乾いた布(コットンなどがおすすめ)で革の表面をやさしく乾拭きします。次に、馬毛など柔らかい革用ブラシでブラッシングを行います。表面だけでなく、ファスナーの継ぎ目や縫い目、財布の中身もしっかりブラッシングしましょう。
また、革が乾燥してきたと感じられた場合は、革用のクリームや保湿剤を表面に塗り込んで、革に栄養を補給してあげてください。

革の汚れは、一度付着してしまうとなかなか落とすことができず、時間が経過すると取り除くのがさらに困難になります。素材選びの段階で汚れがつきにくいものを選ぶことも大切ですが、購入後のケアも上記を参考にしていただき、財布をいつもきれいな状態に保つようにしてください。